予約がいっぱいで取れない場合は下記にお電話ください

電話:048-833-8822

〒336-0018
埼玉県さいたま市南区南本町2-22-2

胃腸科・消化器科・内科・心療内科・精神科・各種健康診断

Mobile Site 携帯からのアクセスはこちら

すこやか南会

平成27年6月20日(土) 糖尿病教室のお知らせ

「さかえ」平成27年1月号に「すこやか南会」が載りました。

日本糖尿病協会が出版している「さかえ」平成27年1月号に当院糖尿病患者会「すこやか南会」が載りました。

56・57ページの「北から南から行ってきました」というページです。

平成8年8月に立ち上げて19年たちますが、試行錯誤しながら患者様のご協力を得ながらやってきました。

それが認められて小さなクリニックの患者会「すこやか南会」を推薦してくださる方がいらっしゃり、「さかえ」に紹介されました。

とても光栄なことと存じます。これを励みに院長はじめスタッフは糖尿病患者様のサポートをしっかりをやっていきたいと思います。


第13回クリスマスすこやかコンサートのお知らせ

「さかえ」に載ります

日本糖尿病協会の「さかえ」を編集している時事通信出版局さんが「すこやか南会」の取材にきました。
「さかえ」に「北へ南へ行ってきました」というタイトルのページがあります。全国の糖尿病患者会の活動を載せています。埼玉県の患者会ということで大きな病院ではなく、いちクリニックのすこやか南会がいろいろ活動しているということで、10月22日にさかえの編集をしている時事通信出版局さんが取材に訪れました。
埼玉県糖尿病協会のスタッフの方から連絡あってから、びっくりし、ドキドキして当日、会長の中崎様・院長の川田・管理栄養士の石坂・事務長の川田が取材を受けました。
すこやか南会を立ち上げたのは平成8年8月26日でした。
あれから18年が経ちました。立ち上げた時は会の趣旨に賛成して会員になられた患者様は11名でした。会員数33名までになったこともありますが、転居・高齢化して亡くなったり、また、会の行事に参加できなくなったり、紆余曲折がありましたが、現在23名で活動しております。
すこやか南会の活動は平成27年1月号か2月号に載るそうです。
掲載されましたら、是非、ご覧いただけたらと存じます。
これを機に会長はじめスタッフ一同張り切って活動をしてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

すこやか南会(糖尿病患者サークル)のご紹介

川田胃腸科では糖尿病患者様の会(すこやか南会)の活動をしております

すこやか南会は平成8年8月に誕生しました。その当時から糖尿病の患者様が多く糖尿病の方たちをどのようにしたら良い治療ができるかを考えていたところ「患者会は奇跡を起こす」というHEC糖尿病肥満治療研究所の平尾紘一先生の講演で「患者会に加入している方たちは患者様同士の励ましや情報交換によって血糖コントロールがよい」ということを聴いたのをきっかけに「糖尿病の患者様の会」を立ち上げることにしました。

あれから18年、発足当時11名からはじまった会でしたが、皆様のご協力もあり現在は20名になりました。なんといっても「糖尿病は自分だけではない」仲間がいるんだという意識を持ち、共に学習、情報交換、活動を行いながら前向きに取り組んでいくことが一番だと思います。

活動内容

活動内容

  • ハイキング
  • 総会と納涼会
  • 埼玉県糖尿病協会とノボ・ノルマディスクファーマ株式会社の共催によるウォークラリーの参加。
  • コーラス部発表会クリスマスコンサート

6月、12月には糖尿病教室と年間を通していろいろな活動を行っています。

新年会

新年会

粥会席

平成17~23年度
低カロリーメニュー「アルピーノ」 フランス料理
平成24年度
低カロリーメニュー 「ラ・シェット」  フランス料理
平成25、26年度
粥膳「かやと」粥会席

ハイキング

ハイキング1

江ノ島展望台から見える水族館

平成22年度
隅田川水上バスめぐり  「浜離宮」他
平成23年度
神代寺植物園と「深大寺」門前そば
平成24年度
15周年記念バス旅行 群馬県「川場温泉」
平成25年度
皇居「東御苑」
平成26年度
ロマンスカーで行く「江の島」

ウォークラリー後の血糖測定

すこやかコンサート

総会の後の納涼会

ご入会ご希望の方は受付までお待ちしております!

現在31名の会員がいらっしゃいます。
春にはお花見を兼ねたハイキング。
夏はすこやか南会の総会と講演・折り紙・フォークダンス・料理教室など。
秋は埼玉県糖尿病協会とノボ・ノルマディスクファーマ株式会社の共催によるウォークラリーの参加。
冬は糖尿病患者様に合わせたメニューでの新年会。今まで開催したメニューをご紹介します。

平成8年度は武蔵浦和にある「ダ・イーダ」での油の少ないイタリア料理
平成9年度は「喜よし」でのはたはた・きりたんぽの秋田料理
平成10年度は「プラ・ブラウン」のお野菜たっぷりで油を使わないフランス料理
平成11年度は「柳月」で寄せ鍋料理
平成12年度は「助左」の湯葉づくしの京会席料理
平成13年度は「千寿」の鴨すき鍋
平成14年度は「パンプキンママ」の家庭料理
平成15年度は「ビストロやまetペペロネdeYAMADA」イタリア料理
平成16年度は「懐石料理 割烹 千代田」懐石料理
平成17年度は「アルピーノ」フランス料理
平成18年度も「アルピーノ」フランス料理
平成19・20・21年度も「アルピーノ」フランス料理

とそれぞれお店のシェフや板前さんが工夫を凝らした低カロリーメニューで、普通ではなかなか味わえないお料理が食べられます。また、年4回の活動だけでなく、折に触れ、一緒に出かけて楽しく過ごし、その場ですこしでも糖尿病がよくなるよう患者様同士で情報交換しあったり、励ましあったりしております。会員になられますと何かとお役に立てることがあると存じます。

昨年は会員の方がお仲間とコンサートを開いてくださり、会員の方だけでなく川田クリニックに通院中の患者様も参加され、楽しいひと時を過ごしました。ご好評につき、平成18年12月10日にも会員の方とお仲間のご好意により、コンサートが開かれました。そこで「すこやかコーラス」も参加して歌いました。

春のハイキング(古河の桃祭り)

総会での話合い

ウォークラリー後、血糖を測定

すこやかコンサート

糖尿病教室を行いました

平成25年6月1日(土)10時~12時
今回は運動療法ということで、健康運動指導士の松村先生をお迎えして高齢者でも無理のない運動をご指導していただきました。

松村千香先生のプロフィール

徳島大学総合科学部総合科健康科学コースをご卒業
筑波大学大学院 体育研究科 修士課程 終了
ダンベル体操で有名な早稲田大学スポーツ科学部教授 鈴木 正成先生の下で研究されました。
大塚製薬でサプリメントの開発や販売促進をされる一方で世界大会に出られるプロのアスリートのサポートもしてこられました。ご自身もホノルルマラソンを走られます。

縁あって、このようなすばらしい先生から今回川田クリニックの糖尿病教室・運動療法をご指導していただくことになりました。
大塚製薬の関連会社である大塚食品に所属していらっしゃるので、大塚食品のポカリスエットを使用してダンベル体操などを教えていただきました。 椅子を使って、ご高齢の方でも無理のない、手軽にできる運動ばかりでした。
スライドを使った講義と実習で約2時間軽く汗をかく程度の運動でした。やさしい運動でしたのであっという間の2時間でした。帰りにはポカリスエット2本とサントリーのオールフリーのビール試飲缶を1本いただきました。

第12回クリスマスすこやかコンサートのお知らせ

糖尿病患者会「すこやか南会」から派生したコーラス「すこやかコーラス」が日頃の練習成果を発表する場としてすこやかコンサートがあります。
すこやかコーラスは最初は童謡・歌曲・唱歌など誰でも知っている曲をただ歌っていましたが、段々欲が出て少しでもうまくなりたいと一生懸命練習するようになりました。まだまだ皆様にお聞かせするようなコーラスではありませんが我々のモチベ-ションを高めるためお聞きいただければ幸いです。

大きな声で歌ったら血糖値が良くなるのではないかという患者様のご希望から「すこやかコーラス」が生まれました。
最初は会員の山本晧之助様の指導で5、6人からはじまったコーラスですが、今では20名の会員がいます。最初は糖尿病患者会から生まれましたが、現在は糖尿病とは関係ない方も多くどなたでも参加できるコーラスです。(団員募集中)

我々のコーラスの趣旨に賛同してくださった作曲家の服部完治先生・福井正子先生・滝田美津子先生・山本克治先生が国分寺市・福生市・茨城県守谷市・立川市の遠方から歌唱指導・ピアノ伴奏に来ていただいています。ボランティアでやっていただいてるので大変ありがたい存在です。
今回のコンサートにも演奏で参加していただきます。

また、我々のコンサートの参加は今回で3回目になりますが「ピエロ」は第80回NHK全国学校音楽コンクール高校の部関東甲信越ブロック金賞、全高校コンクール大会では優秀賞に輝く小松原高校合唱部のOBです。彼らの歌声は第一声を聴いたとたん、その迫力・ハーモニーの素晴らしさに感動いたします。いつもアンコールアンコールの声が鳴りやみません。

毎回内容も充実してきています。年末のお忙しい中大変ですが是非おいでいただいて癒しのひと時をご一緒に過ごしませんか。

PAGETOP